<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< メリークリスマス | main | 汚し遊び -4- >>
汚し遊び -3-
夜な夜な、ビールのお供の3回目です。


どういった手法で汚すか悩みました。
サイバーネットで色々調べたみたら
アレやコレやと色々魅力的なものばかり。


小さい頃やってたエナメルで汚すってのが当初の予定だったのですが
絶対割れると懸念しました(イナクトで苦い思い出)

次いでアクリルガッシュ。
これも、メガネの奥が鋭い古谷さんにもっと詳しく聞いてから手をだそうと断念。

じゃあおまえはいったいどうしたいんだ?と。
遊び感覚で、且つお手軽に楽しもうと始めたので

油絵の具

に決定。
調べたらなにやら面白そうなので。


んで






一式買っちゃたの!?

と、思ったあなた。

ノンノンノン

実は私中学の時、美術部だったのです。
幽霊部員でしたが・・・
当時はこんな高いもの買わせやがって!!と思っていましたが。
役に立つときがきたじゃないか。
ありがとう松本先生。
老後に公園で哀愁漂わせて油絵を書こうと思って取って置いてよかったなもう。



では早速





このペトロールとやらでシャバシャバにします。
アクリル溶剤と違ってなんかプラにいいらしい。
すなわち割れにくいらしい。
ただ無臭って謳ってるだけあって無臭です。
匂いフェチにはアクリル溶剤のほうが嗅ぐだけなら吉です(良い子は真似しないように!!)



まずオリーブブラックとやらをシャバシャバに溶いて
全体に適当に

シャバシャバー





本来はここで一日ぐらい乾かすらしいのですが
待ちきれない私。
ドライヤーで強制乾燥。



次にバーントアンバー(茶系)を

シャバシャバー




ん〜汚い。
よいではないか。

ここで綿棒とティッシュで流れを意識しつつ拭き拭き。
油絵はそうそう乾かないので簡単に拭き取れます。



乾燥を待つ間モノアイだけやっぱり新造。




最初はHアイズだけ貼って楽しようと思ったけど。
なくしちゃったのでコレで。



今日はここまで〜
中々楽しいです。
そして奥深く難しいです。





なんか旧ザクなのに無理矢理、大気圏突入しちゃったみたいになっちゃてるしwww


最終仕上げは次回かな?
年内には納品できそうです。


続く〜
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://kaerucube.jugem.jp/trackback/57
TRACKBACK