<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
GM MUST DIE (FIX)
どもども。

HG ジム完成いたしました。






⇒ギャラリーはこちら


⇒fgはこちら


⇒モデラーズギャラリーはこちら



お酒のおつまみにと始めたジム。

まさかこんなトントン拍子に完成するとは思いませんでした。

やっぱり気軽に作れるってのが大きいのだなぁと思います。


終戦日、生存者回収に向かってるサラミス艦から見えた光景

という風景で製作。


今回行き当たりばったりで製作してしまったのもあって

ヴィネットに挑戦したものの

色々とストーリーが後付けな部分が反省点です。

次からはもうちょっと考えて作ろう(次あるんですか!?)




あえて言おうっ!!


シリーズ化するであると!!(!?)




もちろんジムで。

ジムラマ。いいね。


の前に。

ブルーをいい加減完成させます(汗)


ではでは




GM MUST DIE (92%)
どもども。

またジムです。

というか佳境です。クライマックス。

台座も出来ていよいよ完成。



と思いきや。

台座にジム単体で飾ってもあまり冴えない。

ここでノープランが災い。

やっぱりヴィネットやジオラマを製作する際は、

よく構想を練らないとダメみたい。

むしろ背景やストーリーまでも練ってこそ

リアリティーが生まれるとか、生まれないとか。



でも後の祭りなんで。

出来たジムをボケーっとお酒飲みながら色々妄想。


あれだあれ。

ちょっとした背景が足らないなと結論。





プラ棒やプラ版を駆使してトラスフレーム作成開始。

結構いい加減に作ってるんで(塗装でごまかす方向)

クリアランスもいい加減。






なので強度保持の為にジムのランナー使用。

ビバ、リサイクル。






ジムと同じように

黒 ⇒ ドライブラシ ⇒ アクリル白 ⇒ ウォッシング

と進めます。

汚し過ぎかな?ってぐらい汚したあと

拭き取って調整していくほうが自分的にやりやすいです。







全然関係ないのですが、乾燥待ちとかで

錆び表現の練習とかしだす。

情景師・荒木智先生のダイレクトカット方を模す。


一昨年ぐらいからMa.kに手を出し始め。

その辺りから徐々にベクトルが変わってきてる。

元々幼少の頃から山田卓司先生とか一番好きで、

初めて出したオラザクも山田先生のGP02がカッコよ過ぎて

真似して作り出したのがキッカケでしたし。



去年ぐらいからアーマーモデリングが一番面白かったりするし。

確実に方向性がおかしくなってきてるのである。

戦車とか急に興味持ち出したし。

このブログで戦車とか出てきたら察してください。

もう手遅れだと思います。




GM MUST DIE (88%)
どもども。


完全にノープランで始めたジムですが。

なんか絶好調に楽しくなってきたので、

ヴィネットに仕上げよう計画に路線変更です。





ヴィネットっていったら、

横山先生みたいな立方体のデコパージュがツボなので。

ニスをフンフン言いながら塗っていきます。







実はここまでくるまで色々と険しかったんですよ。

木材を扱うなんて実は素人。色んな方のブログとか見たんすが。

ビフォー ⇒ アフターまでが一気。

工程まるでわからず。

結局アサヒペンやワシンのHPみて勉強。


なので、まずヤスリ掛けするとか露知らず(1ミス)

まず320番ぐらい(もう塗ってしまったニスを泣く泣く落としながら)

んで、ここからは何回も塗り重ねていきます(ここで2ミス)

実は2回塗ったぐらいから400番でまたヤスリ掛けみたいです。

また荒めのヤスリで全落とし。一からスタート。

そんな苦労を経て、3回ぐらい塗り重ねたのが左。

右は2回塗ったあとに400番かけたの。

もう最初からアラキさんとかに詳しく聞けばよかったよ・・・


今回、水性と油性の2種類のニスを買ってあったのですが。

どうも油性のがやりやすかったです(水性は全然色が乗らなかった)






続いてネームプレート製作。

ここは本業。完璧。

今回はインクジェットで印刷できるゴールドシールみたいので。

ついでに以前作ったラプターの分も。


出来上がったら次は

1mmのプラ板に貼り付けて。

上から透明プラ板で蓋します。


「上から透明プラ板で蓋します。」


ここ重要なんで2回いいます。

同じ寸法に切り出してんだから無理でしょ!

いやいや物理的に無理。印刷面に接着できんし。

これも詳しく説明してるサイトは存在せず・・・

本気の人は大体、真鍮板を云々。

なので、ない頭振り絞って考えました。


とりあえず断面図に木工用ボンドを丁寧に塗ります。

中に染みないよう丁寧に。

これは乾けば透明になりますので。

んでフチはゴールドで塗装してあげればそれっぽく。





やっつけにしては、まぁまぁ。

いいんだこれで。


つづく!




GM MUST DIE (76%)
どもども。

早々に更新。

しかもジムのほう。

触ってて楽しいって大事ですよね。


ブルーのほうは2号機もとか言い出しちゃったから

ちょっと萎え気味(!)

もう1号機単体で塗装しちまうか?とか思うんすけど、

撮影のこと考えたら絶対揃ってたほうが気持ちいい。

ジム終わったら絶対完成させます(じゃないとまた凍結してしまう)



それでジムですが

こっちは酒のつまみでやってるので触る機会が多い。





例のごとく油絵の具でウォッシング。

でも今回は宇宙に漂わす感じにしたいので

クリアーでテカテカにしてからウォッシング。






んで、拭き取ります。

下地がテカテカなんでツルッと落ちます。

結局ボケーっとやってしまったんで

ウォッシングした意味あるのか?ってぐらい拭き取ってしまった。

いいんだ別に(震え声)

墨入れとかも兼ねてるし(震え声)

カッコよく言えばツヤの調整だこの野郎(震え声)






続いて被弾した箇所を焦がします。

ほんとこれ便利です。








グニグニ擦って定着させます。

途中こぼれた粉を手で払って、

その手で顔を触ったりしてると

顔が真っ黒になってるので注意(寝る前に気付く)





そして今回初めて使う、ウェザリングスティック。

なになに?

塗りつけて乾かしてから擦って落とす?





そうするとリアルで3Dな汚れに☆


・・・


って、全然ならない。

乾かすって1日ぐらい置くと思って

1日置いたら、頑固に吸着。

よく見たら水性なのね。

よく観察したら塗ったそばから乾いていきおるわ。

これは思ったより使い方が難しいぞ。





結局ペトロールでゴシゴシ拭き取る。

まぁ溝に入っちゃったのはしょうがないか。

ほら、ジャブローにもいたって設定だし(自己暗示)



こんなもんでもういいかな(ちょっと飽きてきた)


せっかくなんで飾るベースも作ろうと思う。


つづく!




GM MUST DIE (69%)
どもども。


非常に悪い癖なんですが。

なにか製作中に、ちょっと息抜きと思って。

別の物作り出しちゃったり。

それがなんか楽しくなってきちゃったり。

しかもそっちのほうが先に完成しそうになったり。



えぇ。あるとおもいます。



初めはコタツでのんびりパチ組してたジム。

就寝前のお酒のおつまみにと弄りだし。





気がつくとこんな姿に。


これで500円は非常に優秀だと思います。

ガッツリ合わせ目だらけですけど、どうせ簡単に消せるし。

最近の過剰パーツ構成よりよっぽど作りやすい。

これは何体でもいけちゃう気がします。






ジムっていったら、もうダメージは免れないので、

ガリガリ痛めつけます。

しかも装甲がチタンなのでザクマシンガンで簡単にやられてしまう。

2mmの穴を開けて、3mmで縁取りします。

コックピットにも被弾しちゃってるから、パイロット即死かな?

右腕はあれでしょうね。

被弾したところを掴まれて引きちぎられたんでしょうね。


とか、あんま深く考えず酔っ払いながら進めます。






酔っ払いながら弄ってたんで写真を撮り忘れ、

写真は一気に工程が飛びますが


缶スプレー(黒)⇒ ステンレスでドライブラシ ⇒

アクリルガッシュ塗り ⇒ 荒めのスポンジやすりでゴシゴシ


っていうお決まりのパターンで。






組直してみたら。

あっ。

結構いい感じ。


ここから宇宙を意識し始めるも、

この汚れ。結構オーバースケール気味だと思う。

いいんだ細けぇことは。

ジャブローを生き残り、ア・バオワクーで死んだんだこれは。





とか、弄りだしたら楽しくなってきちゃって。

いい酒のつまみを見つけました。


つづく